施設やテナントは?【アグリサイエンスバレー事業】圏央道「常総インター」周辺に商業施設がオープン(2023年春開業予定)

↑画像は常総市公式HPより引用

神奈川・東京・埼玉・茨城・千葉を繋ぐ圏央道(首都圏中央連絡自動車道)

おおたか

その中でも、茨城県にある圏央道「常総インターチェンジ」周辺で新事業が展開されるようです!

もりのは

茨城県の圏央道と言えば、「あみプレミアムアウトレット」などを訪れる際に利用する方も多いのではないでしょうか?

今回は、茨城県常総市で進む「アグリサイエンスバレー事業」とはどのような事業か、分かっている情報を調べてみました!

\オープン前の新店速報もたっぷり/
流山市・柏市の周辺エリア情報
LINEメルマガ
《月数回》新店舗を総まとめ
ツイッター
《毎日》最速トレンド情報
インスタグラム
《毎日》注目の情報を拡散



2023年は柏の葉・おおたかラッシュ!
100以上の新規オープン情報をお届け>>



目次

【アグリサイエンスバレー事業】とは?どんな商業施設?

茨城県常総市に位置する圏央道「常総インターチェンジ」

その周辺地域に「道の駅」や「BOOK&CAFE」など、様々なテナントを併設した商業施設のオープンを予定しています。

かしわの葉

商業施設の正式名称は未定ですが、常総市からは「アグリサイエンスバレー事業」と発表されていますよ!

「アグリサイエンスバレー事業」とは、常総ICを中心に「食と農と健康」というテーマで

生産・加工・流通・販売まで一貫した事業施設を整備し、地域を活性化することを目的とした事業です。

【アグリサイエンスバレーエリア】オープン予定の施設・店舗

2022年11月時点でオープンが決まっている施設・店舗は以下の通りです。

常総市公式HPより引用
スクロールできます
オープン時期施設ジャンル店舗名・企業名一般利用
2022年4月食品総合物流企業株式会社ムロオ 北関東支店×
2022年12月17日予定いちご狩り・いちごカフェ日本最大級の空中いちご園「グランベリー GRANBERRY 大地」
2022年度中予定大規模施設園芸ゾーン①日本最大級のミニトマト栽培施設「たねまき」×
2023年春予定マルシェ
物販
地産地消レストラン
スイーツカフェ等
道の駅常総
2023年春予定BOOK & CAFETSUTAYA BOOKSTORE
子どものあそび場等
2023年夏予定マルチテナント型物流施設(5階建て)×
2024年春予定温浴施設天然温泉(予定)
2024年度中予定企業誘致契約済(未発表)×
2025年春予定都市公園屋外イベント等施設
2025年春予定大規模施設園芸ゾーン②葉物野菜等の植物工場×

日本最大級の空中いちご園「GRANBERRY グランベリー 大地」

BOOK & CAFE「TSUTAYA BOOKSTORE 常総インターチェンジ(仮称)」

外観イメージ(戸田建設公式HPより引用)

カフェ併設となる「TSUTAYA BOOKSTORE 常総インターチェンジ(仮称)」が、2023年春にオープン予定です。

事業主体となる戸田建設(株)では、こちらの店舗を中心に「親と子」「生活」「食」をテーマにした

ライフスタイル提案型施設を整備するとしています。

現時点で分かっている情報の詳細はこちらから⇩

道の駅常総

アグリサイエンスバレーエリア内には、茨城県内で16番目の道の駅となる「道の駅 常総」が2023年度にオープン予定です。

常総市公式HPより引用

概要

面積20,000㎡
施設駐車場168台、トイレ31器、情報提供施設、観光案内所、ベビーコーナー、非常用電源、備蓄倉庫、貯水槽、公衆無線LAN、情報ラウンジ、飲食施設、物販施設、イベント広場、コミュニティ施設、EV充電施設

現時点で分かっている「道の駅 常総」の詳細はこちら⇩

天然温泉(情報未定)

2024年春には、戸田建設が事業主体となり天然温泉の温浴施設もオープン予定ということです。

もりのは

現時点での詳細は未定ですが、分かり次第こちらも更新しますね。

【アグリサイエンスバレーエリア】場所はどこ?

「アグリサイエンスバレーエリア」は、圏央道常総IC周辺の国道294号沿いに整備されています。

常総ICの場所はこちら⇩

\オープン前の新店速報もたっぷり/
柏市 ・流山市の周辺エリア情報

LINEメルマガ
《月数回》新店や最新情報まとめ

ツイッター

《毎日》最も速いトレンド情報

インスタグラム

《毎日》気になる情報を拡散中

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

↓【コメント】こちらにお願いします↓

コメントする

上に戻る
目次
閉じる